ラウデミオ2018

ラウデミオ・テヌータ Bossi

ワインにもオリーブの木にも適応するテロワールを持つエステートは、常に価値あるオイルを生産してきました。このような理由から、私たちは、トスカーナの優れたオリーブ栽培の名門を集めたラウデミオコンソーシアムの設立者の一人として活動しています。

瓶詰め元年
1986
オリーブの品種
クラッシャー80%、モライオロ20
オリーブの収穫
11月に植物に直接手作業で実施
破砕と抽出
連続低温プロセス
ビュー
明るいグリーンにエメラルドのハイライト
匂い
嗅覚は強烈で、フィニッシュにはいくつかの草のような感覚があります。
味わい
一見すると強いが、フィニッシュではアーティチョークの香りがして、ややスパイシー。
マッチング
サラダや野菜のファーストコースにもよく合います。
購入はこちら

生産エリア

テヌータ・デッラ・ヴィラBossiは、海抜300~400メートルの高地にあり、11ヘクタールのオリーブ畑が広がっています。

地所を見極める
レシピ

スプリングミネストローネ

レシピは、Vittoria Gondi Citernesi(ヴィットリア・シテルネシ)の「La Natura in Tavola Fattoria di Volmiano: ricette e segreti」(ポリスタンパ版)から引用しています。

最初のコースの中に春の季節のレシピがあります。

"新鮮なエンドウ豆、新鮮なブロードビーンズ、アスパラガスの先端、アーティチョーク、ジャガイモ、玉ねぎ、ベーコン150g、塩、胡椒。合計約2kgの野菜の場合。

角切りにしたベーコンを軽く焦げ目をつけ、火からおろし、野菜を加え、十分な油、塩、水を加えて蓋をする。 

1時間半ほど煮る。盛り付ける前に、オリーブオイルと胡椒を加えます。"