< torna ai prodotti

サー・アメリゴ2015

ロッソ・コッリ・トスカーナ・セントラーレ IGT

それはベルナルドGondiのビジョンから生まれた、様々なallochthonousブドウの木で実験し、エステートBossiのワインの範囲内に持っている必要性を決めた、allochthonousとautochthonousブドウの木のブレンドから作られた魅惑的な、モダンなワイン。

テロワール。
石灰質の堆積物を含むガレステラス質および粘土質の土壌
ブドウ
サンジョヴェーゼ40% - メルロー40% - コロリーノ20
繁殖の種類
スパーリングコードン
アルコール度数
13,5 %
老化の可能性
ヴィンテージにより10年~25年
フォーマット
受賞歴
購入はこちら

ブドウの収穫量と気候の傾向

2015年ヴィンテージは、冬の間は豊富な雨が降り、春は穏やかな気候だったのが特徴です。夏は時折大雨が降ったり、雹が降ったりと変化に富んでいました。温度範囲は、私たちはワインに見られる素晴らしい第一次アロマを持つブドウを持つことができました。セラーに持ち込まれたブドウの品質は、深みのあるヴィンテージを予感させるほど、非常に高いレベルにありました。ブドウは10月初旬に手摘みで収穫しました。

発酵と醸造

発酵は、冷蔵機で制御された20℃のタンクの中で行われます。その後、オーク樽でのマロラクティック発酵が続きます。

洗練

25hlのスラヴォニアン・オーク樽で12ヶ月間、バリックで12ヶ月間、ボトルで24ヶ月間休ませます。

オルガノレプティックノート

サーアメリゴ2015は紫が映える鮮やかなルビーレッド。嗅覚のインパクトは複雑で、強烈で、すぐに心地よい。野生のイチゴやラズベリー、リコリス、ユーカリ、シナモンのスパイシーなヒントなど、小さな赤い果実のジャムの様々なヒントを知覚。革と甘いタバコのニュアンスでグラスの中で開きます。 味わいはコクがあり、洗練されたタンニンの質感と生き生きとした酸味があり、下草のたっぷりとしたフルーティーな抱擁が全体にエレガントさとバランスを与えています。フィニッシュにはバルサミコ、フルーティー、甘草のアロマが現れます。

サービング温度とグラス

推奨される盛り付け温度は16~18℃です。 瓶は1時間ほど前に開けておくと、古いヴィンテージにはデキャンタを使うことをお勧めします。このワインに使うグラスはバルーンかボルドーです。

マッチング

赤身肉のグリル、羽根つきゲーム、トスカーナ産ペコリーノチーズ

生産エリア

テヌータ・デッラ・ヴィラBossiは、海抜約300メートルの標高に位置し、ソットモンテとカメラータのブドウ畑の中にあり、南向きの丘陵地で、サンジョヴェーゼが9.2ヘクタール、コロリーノが3.1ヘクタール、メルローが2ヘクタールあります。

地所を見極める
レシピ

ポークテンダーロインの柑橘系フルーツソース ジャガイモと玉ねぎ添え

  • 豚ヒレ肉 500グラム
  • ジャガイモ 3個
  • 玉ねぎ 2個
  • オレンジリキュール
  • 1 オレンジ
  • 1 レモン

未処理のオレンジ1個とレモン1個の皮を作り、みじん切りにする。フェンネルの種小さじ1をベーキングペーパーで包み、肉じゃがで刻む。

柑橘類の皮とペッパーミルで混ぜる。500g程度の豚ヒレ肉2枚にエキストラバージンオリーブオイルを刷り込み、ミックスをまんべんなく振りかける。じゃがいも3個は皮をむいて2cmくらいの厚さの輪切りにする。沸騰した塩水で2分ほど加熱し、水気を切る。

ブロンドオニオン2個の皮をむき、スライスに切る。天板に油を大さじ2~3杯入れた耐熱皿に豚ヒレ肉を入れ、220℃に予熱したオーブンに5分ほど入れます。グラス1杯分のオレンジリキュールを振りかけ、180℃まで温度を下げ、塩を加えてさらに20分ほど煮込む。切り身はアルミホイルに包んで5分ほど休ませます。その間にノンスティック鍋に大さじ2~3杯の油を熱し、じゃがいもと玉ねぎを集めます。塩、こしょうで味を調え、よくかき混ぜながら中火で15分ほど煮る。

スライスした切り身にジャガイモと玉ねぎを添えてお召し上がりください。

< torna ai prodotti

関連する

2009

サー・アメリゴ

ロッソ・コッリ・トスカーナ・セントラーレ IGT
みつける
2010

サー・アメリゴ

ロッソ・コッリ・トスカーナ・セントラーレ IGT
みつける
2011

サー・アメリゴ

ロッソ・コッリ・トスカーナ・セントラーレ IGT
みつける