エステート Bossi

キャンティ・ルフィーナとフィレンツェの宝石、1500年以来の卓越性、伝統と現代性

歴史と財産

1592年から一族が所有するこのドメーヌは、常にワインの名産地として知られています。フィレンツェの北東、森に囲まれた丘陵地帯に位置し、エトルリア時代からワインの産地として有名なキャンティ・ルフィーナの中心地にあります。この宝石は、フィレンツェから18キロの丘陵地帯、海抜200〜400メートルの間にある、ブドウの木が植えられた谷に位置しています。農場は315ヘクタールに及び、そのうち19ヘクタールはブドウ畑、32ヘクタールはオリーブ畑、穀物、森などがあります。記念碑的な公園とセラーで谷間を支配する荘厳なルネッサンス様式のヴィラは、購入後数世紀の間に修復や手を加えられてきました。別荘の隣には、アントニーノによって3つの祭壇を持つ教会が建てられました。

この現実が浸み込んでいる領域、キャンティ・ルフィーナを信じてきた一族は、ここで生産されるワインをユニークで認知させています。

現在のオーナーは、ベルナルド侯爵と妹のドナテッラ、そしてベルナルドの息子のジェラルドとラポが補佐している25代目のワイン生産者です。彼らは、先祖が常に行ってきたことを維持し、不動産が位置する環境の完全性と美しさを維持し、常に不動産を区別してきた哲学を続けようとする家族の伝統を継続しています:最高品質の製品の継続的な検索。熟練の職人、ロマンティック・ヴィニュロンとして、彼らはブドウをワインに成形し、彼らのワインをユニークなものにする魂を与えています。

会社と地域

今日のキャンティ・ルフィーナのワインの最初の歴史的証拠は、15世紀初頭にさかのぼります。18世紀にメディチ家は、この地域の偉大なワインの生産のための特定の適性を識別した。このワイン産地は、コジモ3世デ・メディチの1716年のワイン通達に記載されています。

領土は平均標高350メートルの山の近くにありますが、アルノ川とシーブ川の近くにあるため、通気性が良く、湿度が高いため、気温の変化が激しいです。これらの特徴は、ワインに大きなプライマリーアロマを与えます。ワイナリーの土壌は、粘土、ガレストロ、石灰質の堆積物の混合物です。このようにブドウの木は栄養分に到達するのに多くの苦労をしているので、ワインは非常に骨格があり、フレッシュさがあります。素晴らしいアロマと相まって素晴らしい長寿を可能にする2つの特徴。

畑の19ヘクタールではサンジョヴェーゼのブドウ、100年以上にわたってここで再現された自己同属クローンのコロリーノ、メルロー、カベルネ-ソーヴィニヨン、トレッビアーノ-トスカーノ、シャルドネと白のソーヴィニヨンを生産しています。環境に配慮して栽培され、細心の注意を払って手摘みで収穫されたこれらのブドウは、ヴィラの地下にある記念碑的なアーチ型のセラーで醸造されています。

32ヘクタールのオリーブ畑には、様々な伝統的な品種があり、約70%がフラントイオ種で、残りの30%がモライオーロ、ペンドリーノ、レッチーノです。

ぶどう畑を見る

値は

マルケシ - テヌータは、ルネッサンス以来、そのワインとオイルで知られています。ボナコルソ、そして息子のベルナルドとドナテッラは、近代的なワイン醸造技術を試しながらも、25世代に渡って会社を際立たせてきた文化と哲学とリンクした心を持ち続け、ワインの分野で会社を設立するために尽力しました。

実際、ドメーヌを支配する雄大なキャンティ・ルフィーナ地区にルーツを持つワインを生産し続けながら、国際品種と土着品種の両方を試しながら、ワインを造り続けています。

セラー

農場のセラーは、一部はヴィラの下層土の中に、一部は公園の下にあり、樹齢数百年の木陰になっています。環境とその伝統を高品質に保つことを理念としています。創設当初から、伝統と領土と結びついたロマンティックなヴィグネロン・ロマンティックであることが特徴で、25世代以上にわたって受け継がれてきた資質があります。

彼らは、ガリレオ・ガリレイが言った言葉を心に刻み込み、今でも企業理念のベースにしています。ワインはムードと光のミックス”.ルモアは、一年中ブドウ畑で頑張っている人たちの大きな情熱が詰まっています。光とは、ブドウを放射し、栄養を与えるトスカーナの太陽のことです。ウモアとルーチェは、最高のワインを造るために最高のブドウを提供してくれます。

エステートは、セラーの新しい誘惑に屈していませんが、健康で熟したブドウを生産するためのブドウ畑の完璧なケア、一定の人間の監督の下での慎重な醸造、木材の適切な使用を組み合わせることによって、伝統の味を失うことなく、ユニークで特別な製品を得ることができます。赤ワインは、数多くのオーク樽とバリックで適切な熟成を経て、ボトルの中で洗練されます。

キャンティ・ルフィーナDOCG、スーパートスカーナIGT、ビアンコ・デイ・コッリ・デッラ・エトルーリア中央DOC、ロザート・デイ・コッリ・デッラ・トスカーナ中央IGT、ヴィン・サント・デル・キャンティ・ルフィーナDOC、グラッパのうち、約800/900hlのワインを生産しています。 また、お値打ちなエキストラバージンオリーブオイルは、ラウデミオをはじめとする2種類が生産されています。

フィアンマエ

2人の兄弟の情熱と経験の融合から、サンジョヴェーゼの新しい発想のユニークなワインが誕生しました。

サソビアンコ

Colli dell'Etruria Centrale Bianco D.O.C.

1987年までエステートの白はトレッビアーノで作られていた。

みつけるみつける

ビオラナ

中央トスカーナの丘 IGT

数年の実験の後、ベルナルドは、その時代に確立された新鮮なワインの需要を満たすためにロゼを作り始めました。

みつけるみつける

サンジュリアーノ

キャンティ・ルフィナ DOCG

このドメーヌでは常にベーシックなキャンティ・ルフィーナを造ってきましたが、2000年以降はこれらのブドウの木を使用したものだけが造られています。

みつけるみつける

別荘 Bossi

キャンティ ルフィーナ リゼルヴァ DOCG

リゼルヴァ・ヴィラは、常に最高のブレンドの選択を象徴してきました。グラン・リゼルヴァやグラン・クリュ、あるいは反省のためのワインと定義してもいいでしょう。ストラクチャーのある非常に長持ちするリザーヴであるフラッグシップワインは、1988年以降、常にこれらのブドウ品種のみで生産されています。

みつけるみつける

マッツァフェラータ

ロッソ・コッリ・トスカーナ・セントラーレ IGT

80年代半ば頃からベルナルドはカベルネの実験を始めたので、いくつかのバリックを買ってきてブレンドしてみることにしました。1989年に数回の試行錯誤を経て、エステート初のスーパートゥスカンに最適なのは純粋なカベルネ・ソーヴィニヨンであると判断しました。このワインの力強さと構造を考えると、彼はその名前から、この家の戦士の起源を想起させることにしました。

みつけるみつける

フィアンマエ

ロッソ・コッリ・トスカーナ・セントラーレ IGT

それは、領土とその最も代表的なブドウ品種であるサンジョヴェーゼを信じ、伝統的でありながら同時に革新的なワインをエステートのワインの中に持つ必要性を感じていたジェラルドとラポのビジョンから生まれました。力強さと粘り強さ、バランスと爽やかさという彼らの魂の特徴を持ったワイン。

みつけるみつける

デ・レッツ枢機卿

ヴィン・サント・デル・キャンティ ルフィーナ・リゼルヴァDOC

エステートでは、伝統に則り、常にヴィン・サントが作られてきました。50年代からはトレッビアーノだけで作られています。

みつけるみつける

マルキグラッパ

グラッパ

ベルナルドは常に蒸留酒に魅了されており、実際に19世紀のエステートでは最高のイタリアンコニャックの一つが生産されていました。イタリアでは蒸留に関する法律が複雑なため、私たちはボノロ社のマルクから蒸留酒を製造することにしました。

みつけるみつける

ラウデミオ

エキストラバージンオリーブオイル

ワインにもオリーブの木にも適応するテロワールを持つエステートは、常に価値あるオイルを生産してきました。このような理由から、私たちは、トスカーナの優れたオリーブ栽培の名門を集めたラウデミオコンソーシアムの設立者の一人として活動しています。

みつけるみつける

マルケシ Gondi

エキストラバージンオリーブオイル

ワインにもオリーブの木にも適応するテロワールを持つエステートは、常に価値あるオイルを生産してきました。

みつけるみつける

サソビアンコ

Colli dell'Etruria Centrale Bianco D.O.C.

1987年までエステートの白はトレッビアーノで作られていた。

みつける

ビオラナ

中央トスカーナの丘 IGT

数年の実験の後、ベルナルドは、その時代に確立された新鮮なワインの需要を満たすためにロゼを作り始めました。

みつける

サンジュリアーノ

キャンティ・ルフィナ DOCG

このドメーヌでは常にベーシックなキャンティ・ルフィーナを造ってきましたが、2000年以降はこれらのブドウの木を使用したものだけが造られています。

みつける

ピアン・デイ・ソルビ

キャンティ ルフィーナ リゼルヴァ DOCG

エステートBossiで1995年の前に、ベースワインとより構造化されたリザーブがあった、それはより新鮮で飲みやすくする必要がありました。

みつける

別荘 Bossi

キャンティ ルフィーナ リゼルヴァ DOCG

リゼルヴァ・ヴィラは、常に最高のブレンドの選択を象徴してきました。グラン・リゼルヴァやグラン・クリュ、あるいは反省のためのワインと定義してもいいでしょう。ストラクチャーのある非常に長持ちするリザーヴであるフラッグシップワインは、1988年以降、常にこれらのブドウ品種のみで生産されています。

みつける

マッツァフェラータ

ロッソ・コッリ・トスカーナ・セントラーレ IGT

80年代半ば頃からベルナルドはカベルネの実験を始めたので、いくつかのバリックを買ってきてブレンドしてみることにしました。1989年に数回の試行錯誤を経て、エステート初のスーパートゥスカンに最適なのは純粋なカベルネ・ソーヴィニヨンであると判断しました。このワインの力強さと構造を考えると、彼はその名前から、この家の戦士の起源を想起させることにしました。

みつける

サー・アメリゴ

ロッソ・コッリ・トスカーナ・セントラーレ IGT

それはベルナルドGondiのビジョンから生まれた、様々なallochthonousブドウの木で実験し、エステートBossiのワインの範囲内に持っている必要性を決めた、allochthonousとautochthonousブドウの木のブレンドから作られた魅惑的な、モダンなワイン。

みつける

フィアンマエ

ロッソ・コッリ・トスカーナ・セントラーレ IGT

それは、領土とその最も代表的なブドウ品種であるサンジョヴェーゼを信じ、伝統的でありながら同時に革新的なワインをエステートのワインの中に持つ必要性を感じていたジェラルドとラポのビジョンから生まれました。力強さと粘り強さ、バランスと爽やかさという彼らの魂の特徴を持ったワイン。

みつける

デ・レッツ枢機卿

ヴィン・サント・デル・キャンティ ルフィーナ・リゼルヴァDOC

エステートでは、伝統に則り、常にヴィン・サントが作られてきました。50年代からはトレッビアーノだけで作られています。

みつける

マルキグラッパ

グラッパ

ベルナルドは常に蒸留酒に魅了されており、実際に19世紀のエステートでは最高のイタリアンコニャックの一つが生産されていました。イタリアでは蒸留に関する法律が複雑なため、私たちはボノロ社のマルクから蒸留酒を製造することにしました。

みつける
すべての製品を見る

テヌータの農家 Bossi

古い農家の家にある7つのアパートメントは、素朴な優雅さを備えています。キャンティ・ルフィーナのブドウ畑やオリーブ畑に囲まれた緑豊かなトスカーナの丘陵地帯に浸る。

アグリツーリズムを発見する

訪問先 Bossi

キャンティ・ルフィーナのブドウ畑の息を呑むような景色を眺めながら、エステートと地元の領土の歴史的現実を発見するために、ワインの試飲を伴う訪問。電話・FAX・メールでのご予約は必ず必要です。言語:イタリア語、英語、フランス語。見学の際には、歴史的な地下室の古代の金庫の下をご案内します。リクエストに応じて、ドメーヌのブドウ畑やオリーブ畑を散策します。試飲用のワインは、お客様のお好みで、価格表に記載されているものをご用意しております。見学と試食は一度に最大10名様まで、それ以上の人数の場合は事前にご相談ください。エステートを最も完全で魅力的な方法で体験していただくために、トスカーナの領土と独特の風味に浸ることができるように、カスタマイズ可能なツアーをいくつかご用意しています。

すべてのツアーを見る

エステート Bossi

Via dello Stracchino, 32, 50065 Pontassieve FI

+39 055 831 7830

ありがとうございます!あなたの投稿が届きました
おっと、フォームの送信中に何か問題が発生しました。

インスタグラム

ありがとうございます!あなたの投稿が届きました
おっと、フォームの送信中に何か問題が発生しました。